【14巻:122話】”死人は役に立たぬ”


【14巻:122話】”死人は役に立たぬ” 

真実を知ったブロギーは、”キャンドルジャケット”を
破壊してMr.3を討とうとする!
その驚異的な力に、Mr.3は彼の両手両足を、巨大なろう
の剣で串刺しにしてしまう!

「動けば手足がちぎれるぞ!!!」

そして、”キャンドルサービス”を加速する!!!

頭上から降り注ぐ”ろう”の霧で次第に身体が固まって
行く…。

「くる日もくる日も 戦って戦って…!!
これが我らの結末ならば… あんまりじゃないか…!!
なぜ戦いの中で死なせてくれん…!!!」

苦しみ、涙するブロギー。

そんなブロギーにゾロが言う。

「おっさん まだ動けるだろ?
その両手両足ブっちぎりゃあ…
死人よりは役に立つはずだ」

「おれも動ける
足 斬り落としゃあな」

そう言って刀を抜く。

「ガババババババババ
つき合うぜ その心意気!!!」

その声にビビも同調する!

そしてゾロの刀が自身の足に振り下ろされる!!!
その瞬間!

「おりゃああああああああああ」

森の中からルフィ、ウソップ、カルーが飛び出す!!

「ブロギー師匠!
あんたのくやしさ おれ達が受け継いだぜ!!」

その姿に、刀を収めるゾロは、「やばかったのか?」と
問うルフィに「問題なかった」と答える。
両足の半分を切り裂いて血をドクドク流しながら…。

「とりあえずルフィ…
この柱ブッ壊してくれるか?」

「よしきた!」


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る