【13巻:116話】”でっけェ”


【13巻:116話】”でっけェ” 

”リトルガーデン”と呼ばれる秘境の島。
食材を調達に行ったゾロとサンジは恐竜と遭遇。
船に残ったウソップとナミは…、巨大な巨人族
”ブロギー”と遭遇していた!

ブロギーは「酒を持っているか?」と聞く。
「すこしなら…」と答えるウソップとナミに、ブロギー
は笑顔を見せた。

だが、ブロギーは突然悲鳴を上げる。
巨大な恐竜がブロギーに噛み付いたのだ!

だが、斧の一振りで恐竜の首を落として叫んだ!!

「我こそが!!! エルバフ最強の戦士!!!
ブロギーだ!!!! ガババババババ!!!」
一方、冒険に出たルフィとビビも、恐竜に遭遇する。
ルフィは巨大な首長竜の頭に乗り景色を楽しんでいた。

だが、ルフィは首長竜に振り落とされ、パクっと
食べられてしまった!

その瞬間!首長竜の首が飛ぶ!!

巨人族の戦士”ドリー”がその剣で切り裂いたのだ!!

飛ばした首から抜け落ちるルフィをその手で受け止め、
笑い飛ばす。

「活きのいい人間だな!!
我こそがエルバフ最強の戦士!!
ドリーだ!!!」
さて、ブロギーに招待されたウソップとナミは、彼の家
で恐竜の肉を振舞われていた。
肉にかぶり付くブロギーにナミが聞く。

「この島のログはどれくらいでたまるんでしょうか…」

「一年だ」

ページ:

1

2

 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る