名言から学ぶ

ゾロ「命なんて とうに捨てている。」

ゾロ「命なんてとうに捨てている」

ゾロ「命なんて とうに捨てている。」ゾロ「剣士として最強を目指すと決めた
時から、命なんてとうに捨てている。」

ジョブス「もし今日が人生最後の日だったら
今日の予定をそのままこなすか?」

日本には”武士道とは死ぬことと見つけたり”
という言葉があり、次のような意味が
込められています。

・正義を貫く自己犠牲の覚悟
・男子としての死に方の美学
・死んだ事にして生きる理念

対ミホーク、対バーソロミュー・くま等、
これまでのゾロの戦い方を見ると、その
姿は、まさに武士道精神と言えるでしょう。

「死んだ事にして生きる理念」というのは、
命を粗末にすることではなく、

「すでに死んでいるのだから、落ち度なく
家職をまっとうでき、死後の評価など気に
する必要もない」

という考え方と言われています。

“命なんてとうに捨てている”というゾロの
生き方や武士道精神”死んだ事として生きる”
という考えは、日常とはかけ離れて過ぎて、
とても真似できるものではありませんが、

“一日一日を最後の日と思って大事に生きる”
ということは、我々にもできそうです。

故スティーブ・ジョブズの伝説のスピーチ
( http://p.tl/_ws2 [youtube])の中に、
次のフレーズがあります。

=====================
毎朝、鏡の前で自分の顔を見ながら、
「もし今日が自分の人生最後の日だったら
今日の予定をそのままこなすか?」を
問い続けました。
そして何日もその答えがノーであれば、
何かを変えなくてはいけないと思いました。
=====================

スティーブ・ジョブスは確かに才能があり、
優秀な人物だったかもしれませんが、彼が
あれほどの大事を成し遂げた一番の要因は、
17歳という早い時期に「人はいずれ死ぬ、
人生は有限である」ということに明確に
気づき、しょうもないことや後悔する
生き方をやめ、目指し続けたためです。

人生が有限であることを意識して一日一日を
大切に生きるという考え方は、とても尊く、
生活の中で多くの気づきを与えてくれます。

 

「毎日を人生最後の日と思い大切に生きる」

心のノートにメモして頂けたら幸いです。

 

↑おかげさまで、まずまずです。