【13巻:111話】”秘密犯罪会社”


【13巻:111話】”秘密犯罪会社” 

バロックワークスのMr.8とミス・ウェンズデーの正体は
アラバスタ王国の王女”ビビ”と護衛隊長”イガラム”
だったのだ!
ボスの正体を知られたと、Mr.5とミス・バレンタインが
彼らの始末にやってきたのだ。

王女を助けてくれと願い出るイガラムに対し、ナミが
10億ベリーで助けると交渉を持ちかけたのだ!!

「私達に助けを求めなきゃ きっと…
王女様死ぬわよ」

そう言ってイガラムを脅すナミ。
イガラムは王女に直接交渉してくれと言う。

それに承諾するナミは叫んだ!

「さァ!! 行くのよ ゾロ!!!」

使われるのが大っ嫌いだと言うゾロだが、ローグタウン
で刀の資金に貸した10万ベリーの利子、20万ベリーを
返していないとナミはゾロを強請したのだ!

ゾロは仕方なくビビを助けに行く。

礼を言うイガラムだが、苦悩の表情で続けた。

「王女にもしものことがあったら
王国はもう終わりだ
あの方は生きねばならん…!!!」
カルーに乗って逃げるビビの前に、ミス・マンデーが
立つ。

ページ:

1

2

 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る