【13巻:110話】”夜は終わらない”


【13巻:110話】”夜は終わらない” 

バロックワークスの100人もの賞金稼ぎは、ゾロ一人に
壊滅させられた!

生き残った賞金稼ぎの一部は、一目散に逃げ出す。

「まさか12以下のナンバーを持つエージェントが
敗けるとは思わなかった…」

そんな彼らの前に、謎のハゲタカとラッコの二人組み、
アンラッキーズが立ちはだかる。
逃げようとする彼らを始末しようとする二人組み!

だが、その後ろから彼らを制止する声が。

Mr.5とミス・バレンタインだ!!

その姿に気付いたMr.8とミス・ウェンズデーは、彼らに
加勢を願い出る。

だがMr.5とミス・バレンタインはその願いを断る。

「わざわざこんな事で私達がやって来ると思ったの?」

「ボスの言葉はこうだ
『おれの秘密を知られた』」

社内の誰の素性であろうとも詮索してはならないという
社訓を破った者がいる。
そして、”ある王国の要人”がバロックワークスに潜り
込んでいると言う。

その言葉に表情を固くするミス・ウェンズデーとMr.8。

「バレている… もはやここまで!!!」

ページ:

1

2

 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る