【13巻:109話】”責任問題”


【13巻:109話】”責任問題” 

”バロックワークス”の100人もの賞金稼ぎを持って
しても、ゾロ一人には歯が立たない。

残るMr.8とMr.9、そしてミス・ウェンズデーは腹を
括った。

「たった一人の剣士に敗けてしまっては
ボスからこの町を任された我々の責任問題だ」

Mr.8はショットガンをぶっ放す!

それを避けたゾロにMr.9は金属バットで攻撃!!
さらにミス・ウェンズデーは身体の模様を使った
”魅惑のメマーイダンス”でゾロに目眩を起こさせる。

だが、彼ら自身のマヌケさもあって、彼らは建物の
下へと勝手に落下していった…。

スキを見てショットガンをぶっ放すMr.8!

間一髪避けるゾロだが、間合いを詰めさせてもらえない
Mr.8 に手こずっていた。
そんなゾロの脇で、落下したMr.9が仕込みバットを発射
し、ゾロの腕を絡み取った!

さらにミス・ウェンズデーが腹いっぱいで眠るルフィを
人質に、剣を突きつける!

逃げることも攻撃することも出来ないゾロに、Mr.8の
砲撃が迫る!!!
だが、ゾロは腕に絡まる鉄線を思いっきり引っ張り、
Mr.9 を引き寄せる!

砲弾は全てMr.9にぶち当たり、さらに鉄線を引っ張り、
彼をミス・ウェンズデーへと投げつけた!!

砲撃するMr.8の攻撃を避けつつ、満腹で膨れ上がった
ルフィの腹を利用して飛び上がり、Mr.8に一閃!!

ついにゾロは一人で100人の賞金稼ぎを全滅させた!!


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る