【11巻:096話】”東一番の悪”


【11巻:096話】”東一番の悪”ナミを乗せてココヤシ村を後にしたメリー号は、ついに
グランドラインへと舵を取る。

ナミは鳥が配達する新聞を手に取り読み始める。
と、ヒラリと一枚のチラシが舞い落ちる。

それはルフィの”手配書”だった!

海軍本部は”ネズミ”の報告によりルフィに破格の
懸賞金をかけていた。

”道化のバギー”や”ドン・クリーク”、そして
”ノコギリのアーロン”といった大物海賊団を次々と
粉砕したルフィ。
初頭手配としては世界的に異例となる”3千万ベリー”
もの懸賞金がかけられたのだ!

「強靭な悪が海にあるならば
我々海軍がそれを全力で駆逐せねばならんのだ!!
”絶対的正義”の名のもとに!!!」

手配書を見て大喜びのルフィ。
ナミはのんきに喜ぶルフィに頭を抱える…。

そんな彼らの先に、ひとつの島が見えてきた。
その島は有名な”ローグタウン”がある島。
別名”始まりと終わりの町”。

かつての海賊王”ゴールド・ロジャー”が生まれ、
そして処刑された町 があるという。

”海賊王が死んだ町”にルフィは興味を示す。

ページ:

1

2

 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る