【11巻:095話】”まわれ風車”


【11巻:095話】”まわれ風車” 

アーロンパークはルフィによって崩れ落ちた!

島は幾晩も続く盛大な宴に沸いていた。
島全体が立食パーティと化し、ルフィはとにかく食べ
まくる!
サンジはナンパ、ゾロは酒をのみ、ウソップは人々の
前で自らの武勇伝を語っていた。

島のはずれでは、ゲンゾウがベルメールの墓に向かい、
語りかけていた。

「お前の娘達は実にたくましく 立派に育ったよ…」

「我々はこれから精一杯 生きようと思う」

そこへ”生ハムメロン”を探すルフィが現れる。
のんきなルフィにゲンゾウは言う。

「ナミはお前の船に乗る海賊になる…」

「もしお前らがナミの笑顔を奪うようなことがあったら
私がお前を殺しにいくぞ!!!」

「わかったな!!!!」
一方、ナミはドクターの下にいた。
肩の刺青を消してもらっていたのだ。

完全には消せず、一生傷が残ることを告げられたナミは
一枚の紙を取り出し、ドクターに渡す。

「彫って欲しい刺青があるんだけど」
そして出発の朝。
ヨサクとジョニーは本業の賞金稼ぎに戻るべく、別れる
ことに。

ページ:

1

2

 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る