【10巻:082話】”OK, Let’s STAND UP!”


【10巻:082話】”OK, Let’s STAND UP!” 

ついにアーロンパークに乗り込んだルフィ!
まっすぐアーロンの下へ歩み、強烈なパンチを喰ら
わせる!!

吹っ飛ぶアーロンに怒りをぶつける!

「うちの航海士を泣かすなよ!!!」

ルフィに襲い掛かる魚人たち!
だがサンジが蹴散らす。

ゾロとウソップもそれに続く。
アーロンを吹き飛ばすルフィを見て、ざわめく村民達。
「君らに戦う理由など…」と言うゲンゾウだが、
ヨサクとジョニーは言った。

「ナミの姉貴が泣いていた
命を懸けるのにこれ以上の理由が要るのかい!」
吹き飛ばされたアーロンは笑って言った。
「たった4人の下等種族に何ができる!!」

そしてはっちゃんがラッパを吹き鳴らす。
「出て来い 巨大なる戦闘員よ!!」

そこに現れたのはゴザを潰したグランドラインの怪物
”モーム”だ!!!

だが、モームはボロボロの状態で姿を見せ、ルフィと
サンジの姿に気付くと、「そ〜っ」と逃げようとする。

「何やってんだてめェ…」

アーロンに睨まれたモームは、恐れ、ヤケクソ交じりに
ルフィ達に襲い掛かってきた!!
それとともに魚人たちも一斉に襲い掛かる!!

だが、ルフィが一人で迎え撃つ!
「おれがやる!! 時間のムダだ!!」
ルフィはその足を地面にめり込ませると、身体を回転
させてねじり込み、モームの角を掴む。

そしてそのまま振り回したのだ!!!

「ゴムゴムの風車!!!!」

魚人たちをなぎ倒し、モームは吹っ飛んで行った!!

そしてアーロンを指差し叫ぶ!
「こんな奴ら相手にしに来たんじゃねェぞ!!
おれがブッ飛ばしてェのは お前だよ!!!」

「おれも今 てめェを
殺してやろうと思ってたとこだ」


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る