【09巻:077話】”夢の一歩”


【09巻:077話】”夢の一歩” 

ナミから話を聞いたノジコは、ルフィたちの元へ。
全てのいきさつを話すかわりに島から出るように言う。

だが、「あいつの過去になんか興味ねェ!」と言い、
ルフィは散歩に行ってしまう。

話ならおれ達が聞く、とゾロは言ったそばから居眠りを
はじめる…。

「成程… ナミが手こずるわけだ…」
自分の育った家で眠っていたナミは目を覚ます。
脇に置かれたもぎたてのみかんと、”宝の地図”に
目をやり、昔を思い出していた。
8年前。

小さなナミは、1冊の本を盗んでゲンゾウに叱られて
いた。

帽子につけた風車をカラカラ言わせながら、ナミと
彼女の養母”ベルメール”に説教する。

ナミはどうしてもその本が欲しかったと言う。
海図の描き方、地図の書き方も覚え、次は航海術を
覚えるのだ。

ナミは自分の航海術で世界中の海を旅して、自分の目で
見た”世界地図”を作るのが夢だと言う。

ベルメールはナミが描いた”島の地図”を手にして、
”夢の一歩”だと笑顔を見せた。

ナミとノジコは本当の姉妹ではなかった。
ベルメールが海兵だったころ、戦場で赤ん坊のナミを
抱いたノジコに出会う。

瀕死の重傷を負っていたベルメールは、二人を助け、
村へと連れて来たのだ。
ベルメールとケンカをして家出をしたナミは、ゲンゾウ
家でその話を聞いていた。

そして迎えに来たノジコと家に帰ることにしたのだ。
その時、村に響き渡る声が!

「海賊だァーーーーっ!!」

「ゴキゲン麗しゅう くだらねェ人間どもよ!!」

グランドラインの魚人海賊団から分裂したアーロン一味
が、島を支配すべく、攻め込んで来たのだ!!

 


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る