【08巻:066話】”噛み殺した槍”


【08巻:066話】”噛み殺した槍” 

ついにクリークの鎧を破壊したルフィ!
クリークは強烈な一撃を喰らい、海へ落ちていく…。

だが、クリークはしぶとくルフィに鉄の網を投げ、
海へ引きずり込もうとする!!

だが、ルフィは一瞬たりともひるまない!!

手足を網から出し、その両足を捩じり伸ばしクリークの
頭を掴む!

そして”ゴムゴムの大槌”で頭から叩きつけたのだ!!

ついに海賊艦隊提督”ドン・クリーク”を倒した!!

ルフィはそのまま意識を失い、海へと落ちていった…。

「クリークのかき集めた艦隊も武力
百の武器も毒も武力なら
あの小僧の”槍”も同じ武力ってわけだ」

そう話しかけるゼフに、サンジは呟いた。

「信念…」

「くだらねェ理由でその”槍”を噛み殺している
バカをおれは知ってるがね…」

そして、悪魔の実の能力者はカナヅチになることを
教えられたサンジは、急いでルフィを助けに海へと
飛び込んだ!
クリークが敗れた様を、命を救われたギンが目の当たり
にする。

自分が信じて憧れた存在がもろくも敗れ去る姿を。

しぶとく「おれが最強だ!」「おれに逆らうな!!」と
立ち上がり、叫び散らすクリーク。

ギンはクリークの腹を打ち、肩に担いで言った。

「ドン・クリーク、おれ達は敗けました」
「潔く引いて、ゼロから出直しましょう」

 


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る