【08巻:065話】”覚悟”


【08巻:065話】”覚悟” 

ドン・クリーク最強の武器”大戦槍”の爆破を2度も
喰らいながらも、その刃を叩き折ったルフィ。

だが、その身体はボロボロだ。
あと1発でも喰らえば間違いなく死んでしまう!!

だが、ルフィには何のためらいもない!

ゼフは言う。
「全身に何百の武器を仕込んでも
腹にくくった”一本の槍”には敵わねェこともある」

「生きるための装備か、
視を恐れぬ”信念”か…」
執拗に繰り返される”大戦槍”の攻撃をかわし、ルフィ
はクリークの鎧に攻撃する!

”ゴムゴムのガトリング!”
”ゴムゴムのブレッド!”

だが、”ウーツ鋼”の鎧は、傷一つ付かない…。

「もうちょっとだと思うんだよなー…」

クリークは巨大な帆の上に立ち、爆弾を撒き散らす。
足場を吹き飛ばすつもりだ!!

帆を駆け上がるルフィを待ち構えるクリークは、
”大戦槍”の一撃を喰らわせる!!
黒焦げになりながらも”ゴムゴムのバズーカ”で
クリークの鎧にヒビを入れたルフィ。

直後、船の足場が破壊しつくされてしまう!!

だがルフィは立て続けに”ゴムゴムのバズーカ”を
クリークの腹にブチ込んだ!!!

ついに彼の鎧を粉砕したのだ!!!


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る