【06巻:049話】”嵐”


【06巻:049話】”嵐” 

ドン・クリークが去った店内では、”グランドライン”
で起きた出来事をギンが話していた。

たった一人の男に艦隊が潰されたと言う。

その話を聞いてゼフは呟く。

「そりゃあ…”鷹の目の男”に違いねェな…」

”鷹の目の男”とは、ゾロが捜し求めている人物だ。

なぜ彼がクリークの艦隊を襲ったのか。

ゼフは「昼寝の邪魔でもしたとかな…」と話す。
”グランドライン”とはそういう場所だ、と。
ゾロは嬉しそうに言う。
「これでおれの目的は”グランドライン”に絞られた
”あの男”はそこにいるんだ!!」
クリークの本船では、生き残った手下たちが食料に
ありついていた。

むさぼり食う海賊達。

生きていることに喜びを感じ、歓声を上げる!!

そんな彼らにクリークが言う。

「これでまた再び
グランドラインを目指せるというわけだ…」

その言葉に怯える海賊達。
クリークは尻込みする海賊の一人を撃ち殺した!!

その恐怖に、海賊達は雄叫びを上げるしかなかった。
ついに海上レストランにクリーク一味が押しかける!
迎え撃つコック達!!!

と、その瞬間!
クリークの巨大ガレオン船が真っ二つに切り裂かれた!
沈没するクリークの本船に巻き込まれまいと、奔走する
コック達。

ルフィたちもまた、表に停泊していたメリー号に走る!

表には…、海で溺れるヨサクとジョニーの姿が!!
なんと!ナミが宝を全部持って逃げ出したのだと言う!

「縁があったらまた会いましょ♪」
と言い残し、逃げたのだ!

ルフィ達は目が点…。
そんな騒ぎの中、店のオーナー・ゼフは一艘の小船に
乗る一人の男に気がついた。

 


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る