ウソップ「仲間の夢を 笑われた時だ!」

ワンピース名言・ウソップ「仲間の夢を、笑われた時だ」

ウソップ「仲間の夢を 笑われた時だ!」 

ウソップ「どうしても戦いを避けちゃならねェ時がある。仲間の夢を 笑われた時だ!!」

 

ウソップは、Mr.4との激戦で致命傷を負ってしまいます。重い金属バットのフルスイングをくらい、頭蓋骨骨折?

usoppudown

普段のウソップなら「もう無理。起き上がらなくていいよな。。」と、負けを認めるところですが、ルフィの夢をバカにされたことに腹を立て、立ち上がり、このセリフを言います。

ウソップはネガティブで臆病な性格。なるべく困難を避けようとする行動を見せることが多いため、キャラクター性のギャップも相まって、このセリフは大きな感動を生みました。

ウソップの言葉は、次のことを教えてくれます。

【誰かのために、という想いの強さ】

今回の場面、ウソップは自分自身のことを馬鹿にされるだけであれば、立ち上がることはなかったと思います。

では、尊敬する父ヤソップの事を馬鹿にされたら?他の麦わら一味の事を馬鹿にされたら?迷うことなく立ち向かうことでしょう。

一方で、人は自分自身のことが可愛くて大好きです。

例えば、家族や恋人などの大切な人と旅行をして、その時に撮った集合写真が家に届いたとします。

集合写真の中から、一番に誰を探すかというと、まずは自分ですよね?たとえ大切な人が映っていても自分を先に探すはずです。

このように自分が大好きなのに、「誰かのために」という想いが本人を奮い起こしています。

なぜでしょうか? それは、

自分らしく生きるため、信念を守るため、誇れる自分になるため、etc..といった、

【自分のために、という想いの強さ】

に根付くもので、“誰かのために”が”自分のために”へと巡るからではないでしょうか?

強い力を引き出すには、「誰かのために」という片輪だけではだめ、つまり、良い人なだけではだめで、「誰かのため」+「自分のため」の”両輪”が必要となり、この歯車が噛み合うことで、得られるものだと考えます。

 

“自分と誰かのため”という両輪をそろえる。

 

心のノートにメモして頂けたら、幸いです。


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る