物語(あらすじ)

【05巻:044話】”三人のコック”


【05巻:044話】”三人のコック” 

海上レストラン”バラティエ”では、海軍の砲撃を
間違ってレストランに弾き返してしまったルフィが、
オーナーゼフに1年間のタダ働きを命じられていた。

「1週間にまけてくれ」

と値切るルフィ。

10年も我慢してやっと海賊になったのに、と勝手に
1週間で許してもらうことにしたルフィだが、オーナー
ゼフもそれを許すはずが無い。

怒るゼフは、ルフィにドロップキックを食らわせるが、
その勢いで床が抜け落ちる…。
一方、海軍のフルボディ大尉にからまれた、副料理長の
サンジは、そのフルボディ大尉をボコってしまう。

店のコックは「”大切なお客さま”を傷つけるとは
どういうことだ!!」とサンジを叱りつける。

だがサンジは言い返す。

「こいつは今”大切な食い物”を粗末にした上に
コックを侮辱しやがった!!」

さらに

「こんな店は潰してやる!!」
「すぐに政府に連絡をとって…」

と叫ぶフルボディ大尉に

「じゃぁここで息の根止めとかなきゃなァ」

と迫る!!

必死で止める店のコック達!!
と、そこへ店のオーナーとルフィが落ちてきた!!
オーナーは店で暴れるサンジに気付き、その義足で蹴り
飛ばす。
そしてフルボディ大尉にも
「さっさと出ていかねェか!」
と蹴りを入れる!!

1 2

↑おかげさまで、まずまずです。