【05巻:041話】”海へ”


【05巻:041話】”海へ” 

ルフィたちは村の食堂で食事を取っていた。

そこへカヤがやってくる。

すっかり回復したカヤは、彼らに言った。

「みなさん、船、必要なんですよね!」
一方、ウソップは自宅で荷造りをしていた。

背中に背負いきれないほどの荷物を担ぎ、海岸へと
向かった。
その海岸では、執事のメリーがデザインしたという、
キャラヴェル船”ゴーイング・メリー号”の姿が!

クロネコ海賊団を追い払ってくれたお礼にと、この船を
プレゼントしてくれたのだ!!

立派な船のプレゼントに喜ぶルフィたち。

そこへ坂の上から荷物と共にウソップが転がり落ちて
来た!

海に出ることを決心したことをカヤも感づいていたと
いう。

今度この村に来る時には”ウソよりずっとウソみてェな
冒険譚”を聞かせてやると、と笑顔を見せ、メリー号の
脇に泊めてある小さな小船に乗り込もうとする。

その姿を見て、「何言ってんだ、早く乗れよ」とゾロが。

「おれ達もう仲間だろ」

当たり前のようにルフィが言う。

「キャ…キャプテンはおれだろうな!!!」

嬉しそうにウソップはメリー号に飛び乗った!

新しい仲間を乗せ、メリー号は出航する。
残されたカヤは、実はウソップが自分と同じような境遇
を生きてきたことを聞き、彼の想いを知る。

彼の行為に報いるため、強く生きようと笑顔を見せた。

「私ね、医者になる」
”ホラ吹き”のいなくなった村では…。

新たに3人の”ホラ吹き”が村を駆け回っていた!
キャプテンの後はおれ達が継ぐんだ!!

「海賊がきたぞーーーーーっ!」
それぞれ、新たな道を進むのだ。

 


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る