【05巻:038話】”海賊団”


【05巻:038話】”海賊団” 

クロの刃”猫の手”を叩き折り、巨大な岩で殴り倒した
ルフィ。

頭から血を流し、起き上がったクロは、後ろから声を
かける海賊の手下達を睨み、言い放った。

「てめェらは黙ってろ…!!
後でちゃんと全員消してやるからよ…
勿論、ジャンゴの奴もな…!!!」
一方、林ではジャンゴがカヤに遺書を書かせようと
必死だった。

催眠にかかるまいと固く閉じるカヤの目を、無理やり
こじ開けようとする。

だが、催眠にかかって眠ったフリをしていた小さな
ウソップ海賊団が妨害し、林の中へ隠れた!

だが、ジャンゴを倒そうと木の上から跳びかかった
一人を難なく捕まえ、木に向かって投げつけた!!

その声を聞き、ゾロとウソップが駆けつける!!!
キャプテン・クロの口から出た言葉に、海賊達は困惑
していた。

初めから自分達が殺される計画だったと知った彼らは
呆然と立ち尽くすしかなかった。

船員とは船長の忠実な”コマ”
生かすも殺すも采配次第、それが海賊の一船のあり方
だと叫ぶクロ!

だが、ルフィは言う。

「お前がキャプテンで
たとえ何百人部下を従えようと
ウソップには勝てねェ!!」

”器”が違う、お前は本物の海賊を知らない!

と、ルフィの強烈な一撃を喰らうクロ。

クロはゆらりと立ち上がり、”杓子”を使おうとする!
「教えてやるとも、海賊の恐ろしさを!!」

怯えて命乞いを始める海賊達。

次の瞬間、クロが消えた!!

物音がしない静けさの後…、遠く離れた海賊達が突然
切り裂かれ始める!!

仲間の海賊も、壁も!
”抜き足”を使った無差別攻撃が始まったのだ!!

目の前で広がる惨劇を目の当たりにしたルフィは怒りを
爆発させる!!

「お前は仲間を何だと思ってるんだァ!!!!!」

 


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る