【05巻:037話】海賊”百計のクロ”


【05巻:037話】海賊”百計のクロ” 

ウソップを担ぎ、カヤが逃げた林へと向かったゾロ。

海岸では、残されたルフィとクロの戦いが始まった!

ルフィが繰り出す攻撃をいとも簡単に避け、強烈な蹴り
を喰らわせるクロ!

その姿に「キャプテン・クロ」の名を連呼する海賊達。
だが、クロはその名を呼ばれたことに激怒する!

この計画は、”キャプテン・クロ”の名を完全に捨てる
為のものだと話す。

彼は、暴れまわるしか能のない手下、海軍や賞金稼ぎに
追われる日々に疲れていた。

そして3年前、彼は自分自身を”殺す”計画を決意した
のだった。

ちょうど彼らを追ってきた海軍。

海軍の軍艦に一人で乗り込んだクロは、海軍を難なく
全滅させ、船の縁で不気味に笑っていた。

一人、まだ息のある海兵を見つけ、ジャンゴに催眠を
かけさせる。

クロの手下の海賊を”キャプテン・クロ”だと思い
込ませ、基地に戻って処刑させるように仕向けた。

彼は、同じく催眠をかけられ、自分自身をクロだと思い
込まされた海賊を連れて、海軍基地へと戻ったのだ。

こうして”キャプテン・クロ”は世間的に抹殺された
ことになったのだ。
計画の全てを明かし、失敗は許されない!
とルフィに襲い掛かってきた!!

ルフィは地面の岩を持ち上げ、クロの刃を受け止め、
叩き折った!!

そして、その岩でクロを思い切り殴ったのだ!!

「海で名を揚げるのが怖くて、海賊がやれるか!!」

 


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る