【04巻:033話】”音無き男”


【04巻:033話】”音無き男” 

ニャーバン・兄弟の猛攻に一刀流で苦戦していたゾロ。

優先だった海賊達が突然怯えだした!

キャプテン・クロが現れ、怒りを爆発させたのだ!!

思わぬ強敵を相手にしていたと言い訳をするジャンゴに
対し、「てめェらの軟弱さは計算外だ」と答えるクロ。

怯えていたニャーバン・兄弟だったが、”軟弱”と言う
言葉に反応する。

3年間のブランクがあるキャプテン・クロが、ずっと
最前線で戦ってきた現役最強コンビに勝てるのか!

「黙って殺されるくらいなら殺してやる!!!」

そう叫んで飛び掛った!!!

だが、彼らが切り裂いたのは、クロが持っていた鞄のみ
だった。

クロはその鞄から取り出した長い刃を両手の指に付け、
音も無く彼らの背後に立っていた。

彼らが背後を振り返ると、すでにそこにクロはいない!

突如後ろから現れ、彼らの肩を抱え込み、指にはめた
刃を突きつける!

彼の”抜き足”は無音の移動術。

暗殺者50人を集めても気配を感じる間もなく殺される
という。

”温厚”になったというキャプテン・クロは、彼らに
言った。

「5分やろう」

「5分でこの場を片付けられねェようなら
てめェら一人残らず、おれの手で殺してやる」
ニャーバン・兄弟はゾロに狙いを定めた!!
一刀流では分が悪いゾロ。

すかさずナミが刀をゾロに向かって蹴り飛ばした!!

「助かった!」

「刀3本使っても同じだ!!」

と叫び襲い掛かってくるニャーバン・兄弟を、
ゾロは三刀流の技「虎狩り!!」で一撃!!

あれほど苦戦していた相手をいともたやすく倒して
見せたのだ!!
だが、ブチはまだ生きていた。
そしてジャンゴの催眠でより強力にパワーアップした!
その隙にナミが走り出す!

ジャンゴの催眠ですっかり眠っているルフィを、起こし
に走ったのだ!!

その踵で思いっきりルフィを踏みつけたナミ!!

だが、背後からジャンゴが放ったチャクラムが迫って
きたのだ!!!


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る