【04巻:028話】”三日月”


【04巻:028話】”三日月” 

翌朝、海賊達が村に攻め込み、カヤの命を奪いに来る、
その事実を誰にも信じてもらえないウソップは、一人で
海賊達を迎え撃つことを決心した。

そして、この一件をすべて”ウソ”にする!と。

そんなウソップに加勢することを決めたルフィたち。

彼らは作戦を練った。

彼らがいる海岸から村へと入るルートはただ一本。

絶壁に挟まれた一本の坂道のみ!

ここを死守すれば村を守ることが出来るのだ!

ウソップは戦力の確認をする。
「お前ら何ができる?」

「斬る」
「のびる」
「盗む」

そしてウソップは「隠れる」!
その夜、カヤはすでに疲れて眠っていた。

クラハドールはジャンゴとの打ち合わせを終えて屋敷に
戻っていた。

もう一人の執事メリーからウソップの一件を伝え聞いた
クラハドールは不敵に笑う。

そんな彼は机の上に置いてあった包みに気がつく。

メリーは嬉しそうに言った。
「お嬢様からあなたへのプレゼントのようです」
「ちょうど3年目になるとかで、
記念日というやつですね」

それを聞いたクラハドールは三日月を見て言った。

「記念日というなら、確かに…明日は”記念日だ”」
「こんな夜は胸が高鳴るというか、
血が騒ぐというか…」

そしてプレゼントを床に落とし、踏みつけたのだ!!

ページ:

1

2

 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る