【03巻:022話】”あんたが珍獣”


【03巻:022話】”あんたが珍獣” 

海賊”道化のバギー”を倒し、”泥棒ナミ”を仲間に
したルフィとゾロ。

彼らの2艘の船は大海原を進んでいた。

バギーに切り裂かれた大切な”麦わら帽子”。

ナミの応急処置で綺麗になったその帽子にルフィが
大喜びしていた。

そんな彼らは無人島を発見する。

「行くだけムダ」

と話すナミに耳を貸さず、仲間と食料を求めて無人島へ
船を向けるルフィ。

”無人島”で仲間が見つかるはずが無いのだが。

島には奇妙な動物がたくさん住んでいた。

彼らが森へ入り込もうとしたその時!

「それ以上踏み込むな!」

どこからともなく聞こえてくる声。

”森の番人”だと言う。

警告を無視して踏み入ろうとしたその瞬間!

銃弾がルフィの胸に突き刺さった!!

だが、ゴム人間ルフィには効かない。

銃弾が飛んできた方向に目をやると、そこには箱に
入った毛むくじゃらの物体が置いてあった。

なんと、それは宝箱にハマッた人間だった。
彼は島の住民”ガイモン”。

彼は20年もの間、この無人島でたった一人箱にハマった
まま暮らしていた。

彼もまた海賊だったと言う。

宝探しの冒険は命を懸けても惜しくない、と。

ルフィは”ワンピース”を目指していることを告げ、
海図を広げてガイモンと眺めた。

しかし、全く読めない二人に見かねたナミが解説する。

ページ:

1

2

 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る