【03巻:020話】”泥棒道”


【03巻:020話】”泥棒道” 

激しく戦闘するルフィたちを尻目に、まんまとバギーの
お宝を盗み出したナミだったが、バギーに見つかって
しまう!!

バギーは”バラバラの実”の能力で切り離した上半身で
ナミに襲い掛かる!!!

バギーの残された下半身を蹴り上げるルフィ。

間一髪、バギーの上半身は悶絶して倒れこんだ。

今のうちに宝を置いて逃げろ、というルフィ。

だがナミは言い放った。

「何で”私の宝”を置いていかなきゃいけないのよ!」

「海賊専門泥棒の私が今、海賊から宝を盗んだんだから
この宝は”私のもの”だって言ってんの!!!」

ナミの持論に怒るバギーは、身体をさらに分解して襲い
掛かって来た!!
中に舞うバギーのパーツの細かさに戦いようが無い
ルフィだったが、足だけが飛べずにスタスタと歩いて
いるのに気がついた。

ルフィはその足を捕まえて、コチョコチョくすぐったり
足の指を地面に叩きつけたり、つねったり。
やりたい放題!

これにはバギーもたまらない!

さらにナミが宙に浮くバギーの顔を、財宝の入った袋で
殴りつけた!!

と思ったが、バギーはその袋を両手で受け止めていた!

財宝を奪い返そうとするナミの背後からバギーの剣が
迫る!!

だが、そこへ走りこんできたルフィの蹴りが炸裂!!!

「今のトドメは
町長のおっさんの蹴りだと思え!!」

地面に散乱する財宝。

その脇にバギーが持っていたグランドラインの海図が!

ついに海図を手に入れ、喜ぶルフィ!
だが、バギーはまだ生きていた。

バラバラになった身体を集めて反撃に出る!!

と思いきや、集まってきたのは手先と足先だけ。
顔と手足だけのちっちゃいバギーの完成だ!!

胴や腕、足のパーツはナミが縛り上げていたのだ!
さすが泥棒!

そしてルフィの一撃、”ゴムゴムのバズーカ”でバギー
は、あっけなく吹き飛んでいった!

 


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る