【02巻:012話】”犬”


【02巻:012話】”犬” 

酒場の屋上で”道化のバギー”によって檻に閉じ込め
られ、絶体絶命のルフィだったが、間一髪ゾロに助け
られた。

彼らに逃げられたバギーは副船長”猛獣使いのモージ”
を刺客として送り込んだ。
バギー達の手から逃れたものの、ルフィはまだ檻の中。

鋼鉄の檻を担いだゾロは、バギーに背中から刺されて
重傷を負っていた。

「血が足りねェ…」と倒れこむゾロの脇で、一匹の犬が
彼を見つめていた。

犬は全く動かない。

そこへナミが檻の鍵を持ってやってきた。

海図も宝も差し置いて、檻の鍵を盗んでくれたのだ!

これでようやく脱出できる!と思ったその瞬間…。

犬が鍵を飲み込んでしまった!!

「吐け!今飲んだのエサじゃねェぞ!!!!」

大ゲンカをはじめたルフィと犬。

そこへ現れたのは鎧に身を包んだ眼光の鋭い老人。

港町の町長”ブードル”だった。

ゾロを町長の家で寝かせた後で、犬のことを教えて
くれた。

ページ:

1

2

 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る