ヒルルク「やれるさチョッパー、お前はこんなに優しいじゃねェか」

ワンピース名言・ヒルルク「やれるさチョッパー、お前はこんなに優しいじゃねぇか」

ヒルルク「やれるさチョッパー、お前はこんなに優しいじゃねェか」 

チョッパー「医者のやりかた、教えてくれよ!」「トナカイでも・・・やれるかな」

ヒルルク「やれるさチョッパー お前はこんなに優しいじゃねェか!」

桜井章一「心温かきは万能なり」

 

ヒルルクが不治の病で余命わずかと知ったチョッパーは、ヒルルクを助けたい一心でどんな病でも治す幻のキノコを取りに行きます。

そして、大けがをして帰還したチョッパーが自分が医者になれるかどうかを尋ねるシーン。

チョッパーを抱き寄せ、「お前はこんなに優しいじゃねェか」と、ヒルルク・・。

ワンピース名言・ヒルルク「やれるさチョッパー、お前はこんなに優しいじゃねぇか」

ワンピース史上、伝説ともいえる16巻のワンシーン。もはや説明は不要ですね?

チョッパーの優しさ、温かさ、自己犠牲の精神に、そして、ヒルルクの粋な行動に、涙した方も多いのではないでしょうか?

 

20年間無敗の”雀鬼”(天才麻雀打ち)桜井章一さんは、「心温かきは万能なり」という言葉を残しています。

sakuraishouichi

「心温かきは万能なり」ー”温かい心”には、人の心を癒すだけではなく、万能の力が秘められている、という考えです。

もちろん優しさだけで万人を救うことはできませんが、優しさ・暖かさは、人を救うのに大切な条件です。

別のシーンでチョッパーは、Dr.くれはに、「俺が万能薬になるんだ」と叫んでいます。

chopper_bannnou

このセリフに対応させると、ヒルルクは

「やれるさチョッパー、
お前の優しさ・心の温かさこそが、
万能薬なのだから・・」

と言いたかったのかもしれません。

 

余談ですが、鹿の角は漢方薬として重宝されています。

rokujyou

チョッパーの、

・漢方薬になり得るトナカイの角
・我が身を投げ出す優しさ、温かさ
・「俺が万能薬になるんだ」というセリフ

から、今後の展開が色々と想像できます。

新世界でルフィが病に冒され、チョッパーの角が万能薬となりルフィの命を救うが、チョッパーは角の一部を失ってしまう。

他の方も考察していますが、このストーリー展開を示唆するシーンとして、

・海賊王”ゴール・D・ロジャー”の病気
・実はチョッパーはまだ麦わら一味の”正式な仲間”ではない。

などが挙げられますが、実際はどのような展開になるのでしょうか?

続きは、別の記事で紹介したいと思います。

 

 


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る