シャンクス「無事でよかった」

ワンピース名言・シャンクス「安いもんだ、腕の一本ぐらい。無事でよかった」

シャンクス「無事でよかった」シャンクス「恩にきるよルフィ、 マキノさんから全部聞いたぞ!

安いもんだ 腕の一本くらい・・・ 無事でよかった」

 

「自己犠牲」「やせ我慢」「気遣い」「感謝」

 

海王類からルフィを救うために片腕を失ったシャンクスの名シーンです。

自己犠牲のヒーローなだけではなく、痛い素振り全くを見せない

男の根っこ「やせ我慢」を発揮。

 

ルフィを気遣い「とんでもないことになった感」を出さず、その上で

ルフィの行動を褒め、感謝を示す器と温かさ。

 

このシーンには、シャンクスの魅力を示す

「自己犠牲」「やせ我慢」「気遣い」「感謝」の4つの要素が

詰まっています。

 

シャンクスファンが多いのも当然のことでしょう。

 

所詮漫画、出来過ぎた話し、という目で見る事も出来ますが、

“理想のモデル”を頭に入れて、日々の行動や選択の中で

「シャンクスならば、この時どういう行動をするだろうか?」という

意識を持つと、理想の人物像に近づくことができます。

 

「ルフィならば」「ゾロならば」「ナミならば」。
「○○ならば・・」、是非意識してみてはいかがでしょうか?


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2014年 2月 09日

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る