【01巻:006話】”1人目”


【01巻:006話】”1人目” 

「やったァ!!
仲間になってくれんのかよ!!」

銃弾を弾き飛ばしたルフィは、両手を挙げて喜び、
ゾロの縄をほどこうとする。

悪魔の実の能力者であることに気付いたモーガン達は、
銃は効かないと察し、剣で切り掛かってきた!!

のんきに縄をほどくルフィだったが、間一髪、片手の
縄をほどくことが出来た!

瞬間、襲い掛かる兵士達の刀を受け止めるゾロ!
両手と、口にくわえた刀、3本の刀で受け止める!

ゾロは3刀流の剣士だった!

兵士を鬼の形相で制止し、ゾロは言う。

「おれには野望がある」
「世界一の剣豪になる事だ!!」

「海賊王の仲間なら
それくらいなって貰わないと俺が困る!!」

 

更に襲い掛かる兵士を「ゴムゴムの鞭」で一掃。

恐ろしいほどの強さを見せる二人に、兵士達は怯えた。

「今…弱音を吐いた奴、頭撃って自害しろ」

狂った命令を出すモーガンに怒るルフィは

「おれは海軍の敵だ!死刑にしてみろ!!」

とモーガンに殴りかかる!!

一方的な強さを見せるルフィ。

モーガンをわしづかみにして殴りつける。
が、その脇でコビーに銃口を突きつけるヘ
ルメッポの姿が!!

「ちょっとでも動いたら撃つぞ!!」

だがしかし、コビーは動じなかった。

「ぼくは死んでも
ルフィさんの邪魔をしたくありません!!」

覚悟を見せたコビー。

 

ルフィは背中に迫るモーガンに目もくれず、
ヘルメッポを殴り飛ばした!

そして、モーガンは背中で倒れこむ。

ゾロが刀一閃、倒したのだ。

「ナイス、ゾロ」

「お安い御用だ、キャプテン」

 


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る