【01巻:004話】海軍大佐”斧手のモーガン”


【01巻:004話】海軍大佐”斧手のモーガン” 

町でヘルメッポを殴りつけたルフィ。

住民はどよめく。

「親父に言いつけてやる!!!」
「お前は死刑だ!!」

そう叫び、兵士に抱えられて逃げていくヘルメッポ。

「お前がかかって来いよ」
「これ以上殴る価値もねェ」

と呟くルフィ。
海軍基地で威張るモーガンの下へヘルメッポが飛び
込んできた。

自分を殴ったルフィを倒してくれと。

しかし、そんなヘルメッポをモーガンが殴り飛ばす。

「何でおれが貴様のケンカの
尻拭いをしなきゃならねェんだ」

「てめェが偉いんじゃねェ、 偉いのはおれだ!」

自分の権力を誇示し、自身の像を基地の屋上に建て
ようとするモーガン。

出来たばかりのその像を今まさに起こそうとしていた。
そんな最中、ルフィはゾロの下に来ていた。

彼を仲間にするために。

だがゾロは、海賊になんかなる気はないと断る。

悪い賞金稼ぎと言われていても、自分の信念に後悔する
ことは何一つしていない、これからも、と告げる。

しかしルフィは諦めない。

ヘルメッポに奪われた彼の大切な刀を奪い取り、それを
返して欲しければ仲間になれ♪、と。
刀を探しに行こうとしたルフィは、海軍基地の屋上から
誰かの声がすることに気がつく。

モーガンの像を立てようとしている兵士達の声だ。

腕を屋上まで伸ばしたルフィは「ゴムゴムのロケット」
で屋上まで一直線!

その勢いでモーガン像につかまって…、像を壊して
しまった!!

顔面蒼白な兵士たち。

怒りを爆発させるモーガン!!

そこでヘルメッポを見つけたルフィは、モーガンには
目もくれず、ヘルメッポを連れて館内へ走りこんだ!

ゾロの刀を探すため!
追いかけようとする兵士達だったが、一人の兵士が
ゾロの磔場に誰かがいることに気がつく。

コビーがゾロを助けようとしていた。

「ルフィが海賊王を目指すように
ぼくは正しい海軍になるんだ!」

しかし、コビーの勇気もむなしく、海軍に狙撃されて
しまうのだった。

 


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る