エース「力に屈したら男に生まれた意味がねェだろう、おれは決して人生にくいは残さない」

ワンピース名言・エース「力に屈したら、男に生まれた意味がねェだろう」

エース「力に屈したら男に生まれた意味がねェだろう、おれは決して人生にくいは残さない」 

チャーチル「力に屈するな。敵が一見圧倒的であろうと。

(Never yield to force; never yield to the apparently
overwhelming might of the enemy.)」

仲間殺し大罪を犯した黒ひげを追い成敗を試みる
エースですが、黒ひげの強大な力に勝負は劣勢。

黒ひげの「おれの仲間にならないか?」という
勧誘に対して、エースが発したセリフです。
第二次世界大戦中のイギリス大統領チャーチルも
「力に屈するな」という言葉を残しています。

彼のこのセリフは勇気のいる発言だと思います。

なぜなら、この発言により、力に屈することが
できなくなるためです。

当たり前のことをオウム返ししているように思われ
るかもしれませんので、例を挙げ説明します。

例えば、上司が「遅刻するなよ!」と指示したなら、
その上司は威厳と保つため、信頼を保つために、
遅刻することが許されなくなります。

リーダーは有言実行できなければ信頼と威厳を失うのです。

大勢の前で公約をすればするほど、その責任は重大で、
プレッシャーも相当なもの。常に背中に剣を突きつけ
られた状態といえるのではないでしょうか?

公約を果たせない日本の政治家を思い出して頂ければ、
威厳と信頼が落ちるという意味がお分かり頂けるのでは
ないでしょうか。

 

第二次世界大戦という乱世の時代に一国を背負っていた
チャーチルの「力に屈するな」という発言は、どれほど
重かったことか。。

 

余談ですが、ルフィは船長というリーダーの立場がゆえ
「重い」というセリフを吐いたことがあります。

どこのシーンだったか、覚えているでしょうか?

 

さて、今回テーマにしたセリフのように、エースは
「悔いのないように生きる」「後悔しないように」
という言葉をよく用いています。

幼い頃の回想シーンで、エースはルフィに対して
次のように話しています。

 

「いいかルフィ、俺たちは絶対に悔いのないように生きるんだ。
いつか海に出て思いのままに生きよう。誰よりも自由に!」

 

ワンピースは大海賊時代という世界観ですので、ここでは
「力に屈しない」と「自由に生きる」の言葉は似たような
意味を持ちます。

エースは信念を貫き、ルフィに伝えた約束を守っています。

 

「いいかルフィ、俺たちは絶対に悔いのないように生きるんだ。
いつか海に出て思いのままに生きよう。誰よりも自由に!」

この名言をまとめると

 

「【後悔】するな、【航海】しよう」

 

となるでしょうか。

 

死ぬ前に語られる後悔ベスト5を載せておきます。

1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」
2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」
3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」
4. 「友人関係を続けていれば良かった」
5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」

 

人生は一度きりで、リハーサルはありません。

 

「信念を貫くこと」「後悔するな、航海せよ」

 

心のノートにメモしていただけたら幸いです。

 


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る