ゾロ「悪ィがおれは、神に祈った事はねェ」

ゾワンピース名言・ゾロ「悪ぃがおれは、神に誓ったことはねぇ」

ゾロ「悪ィがおれは、神に祈った事はねェ」 

ゾロ「悪ィがおれは、神に祈った事はねェ」

 

マイケル・ジョーダン「運命よ、そこをどけ。俺が通る。(Out of my way, your fate. I’m going through.)」

 

 

ゾロ「この島には神がいるんだろ。
   ちょっと会って来る。」

ナミ「やめなさいったら!!
   あんな恐ろしい奴に会って
   どうすんのよ!!」

ゾロ「さァな、そいつの態度次第だ。」

チョッパー「ゾロ、神様より偉そうだ。」

ゾロ「悪いがおれは、
   神に祈った事はねェ。」

 

神の島アッパーヤードに上陸するときの麦わら一味のセリフです。

ゾロは、別の場面で「信じるのは、自分と仲間のみ!」と発現しており、このセリフから「自分の努力と仲間の助けで困難を切り開く!」という力強い意志を伺うことができます。

ゾロはストイックで、努力家です。普段は甲板で筋トレや剣術修行を行い、冬島では極寒の中精神力を高めるために海に飛び込むシーンもありました。

ワンピースの登場人物の中でも、ゾロはトップクラスの”努力の人”で、人事を尽くす(やれるだけのことをやる)にふさわしい男です。

 

「人事を尽くして、天命を待つ」という諺がありますが、ゾロの「神を信じない」という姿勢から、「人事を尽くして、天命などクソくらえ」という心境を伺う事が出来ます。

 

”人の意思ではどうにもならない事象”について触れる、という点で、ゾロと同様「人事を尽くして、天命などクソくらえ」な考えの人物を紹介します。

バスケット界の伝説の男、マイケル・ジョーダンです。

ジョーダンが残した名言に、次のようなものがあります。

「運命よ、そこをどけ。俺が通る」

このセリフから「偉そうだ」「上からものをいう態度だ」と高圧的な印象を持たれる方も居るかもしれませんが、ジョーダンは偉そうにするタイプでもなければ、横柄な性格でもなく、とても紳士的な男です。

加えて、彼は、バスケットの天才と思われがちですが、人事を尽くすことのできる努力家です。

高校生の時、技術不足のため補欠だったことがあり、苦悩や挫折も味わっていますが、ひたむきな努力によって全てを乗り越え、栄光を勝ち取り、今や「レジェンド」「バスケットの神」とまで呼ばれています。

マイケル・ジョーダンの伝記(実話の映画)「TO THE MAX」を観ていただければ、彼がどれほどの努力家であったかがわかりますし、奇跡を引き起こす者(神に愛される者)の行動を知る事もできます。

もし神様がいるとしたら、どんな特徴を持つでしょうか?まさか、エネルのような痛い性格ではないですよね?では、もし神様がいたら、どんな人を真っ先に救うと思いますか?

きっと、

一番かわいそうな人ではなく、一番貧しい人でもなく、一番努力し、一番手を高く挙げている人ではないでしょうか?

神に祈ることは悪いことではありませんが、「苦しい時(困ったとき)の神頼み」では神様もいい気分がしないのではないかと思います。

自分の事ばかり一方的にお願いしといて、そんなに都合良く願いを聞いてくれるとは思えないためです。

「人事を尽くして天命を待つ」という言葉の通り、人事を尽くすこと、つまりやるだけのことはやる、精いっぱいの努力をすることで、それに見合ったふさわしい結果が得られるということです。

「奇跡は諦めない奴の頭上にしか降りてこない」

イワンコフのセリフが聞こえてきそうですね。

 

余談ですが、、数年前に知人の経営者が、初詣で「凶」を引きました。

「今年は事業拡大の年なのに、幸先悪いですね」と言葉をかけたところ、彼は次のように答えました。

「ならば、神と戦うまで・・」

ゾロも顔負けの名言ですが、このセリフに込められた真意は、ゾロと同様、「やれることはやった」という努力により得た自信と、「やれるだけのことはやっていく」という意志の表れと言えるでしょう。

 

「神を、そして運命を打ち負かすほど、人事を尽くす」。

心のノートにメモして頂けたら、幸いです。

 


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る