ロジャー「この世のすべてをそこに置いてきた」

ワンピース名言・ゴール・D・ロジャー「探してみろ、この世のすべてをそこに置いて来た」

ロジャー「この世のすべてをそこに置いてきた」ロジャー「おれの財宝か? 欲しけりゃくれてやるぜ・・・
     探してみろよ この世のすべてをそこに置いてきた」

 

今日のワンピース 名言はロジャーからです。

海賊王ゴール・D・ロジャーは、海賊(=罪人)として自首し、
処刑されましたが、死刑台で最後に上の言葉を残しています。

自分の死と引き換えに次の世代にメッセージを残し、
刺激を受けた若者が夢やロマンを求め、大海賊時代が
幕を開けました。

 

また、ロジャーがレイリーに「俺は死なねえぜ、相棒」と
言うシーンがありますが、ロジャーの存在は海賊たちの
心の中に生き続け、その意思は新しい世代に引き継がれた、
と受け取ることができます。

 

ロジャー同様、罪人として自首し、斬首刑で命を落とした
幕末の偉人・吉田松陰は最期に次の詩を残しています。

 

「身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留置まし大和魂」

(我が身はたとえ、この武蔵の野に朽ちてしまおうとも、
未来にむけて留めておこう、わが大和魂は。)

 

この言葉により、吉田松陰の弟子など次の世代の若者が
刺激を受け、日本の未来ために立ち上がり、新しい時代を
築き上げるに至ります。

吉田松陰の弟子から高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、
山県有朋、木戸孝允(桂小五郎)などの偉人が
出ていますが、この辞世の句で彼らがどれほど
奮起したことか・・。

 

松陰の思想や意思は、次の新しい世代に
引き継がれたと言えます。

 

ワンピースの大きなテーマは

・時代のうねり
・人の夢
・引き継がれる意思

とされ、これらはロジャーが残した言葉でも
ありますが、大事を成すにあたっての普遍的な
テーマなのかもしれません。

 


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る