【33巻:316話】ブラザー魂(ソウル)


【33巻:316話】ブラザー魂(ソウル) 

「”ノロノロビーム”有効時与えられた衝撃は
蓄積し破裂する!!さァ行って来い!!
この先がおめぇの人生の終着点…30秒だ」
ルフィはパンチの衝撃を一気に受け
フォクシーが開いた穴に落ちていく!!

「あれ…あいつは」
と暗い部屋を見回すと
「おれならここだ
おれは”パイロットフォクシー”そして紹介しよう
”ゴリラパンチャー13号”!!
改良に次ぐ改良を経て一切の無駄をなくした
ゴリラ型パンチ機(マシーン)!!」

と大きな機械に乗ったフォクシーが説明するが

「ゴリラの顔いるのかよ!!」
と突っ込むルフィ

少しへこむフォクシーだが
「行け!!”ゴリラパンチャー13号”!!」
パンチマシンが動き出す!!
動力はフォクシーの足漕ぎだ!!

「「こんなパンチよけられる」とお前はそう思うだろうな
”ノロノロビーム”!!」
とルフィの後ろに向かったビームは
背後にあった鏡に反射する!!

そして更にパンチマシンは
「言い忘れたがコイツのパンチは燃えるんだ気ィつけな
海王類も殴り仕留める」

ページ:

1

2 3

 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る