【33巻:315話】秘密の部屋


【33巻:315話】秘密の部屋 

『さてさて起こった大爆発ーー!!
偶然戦場になった船に偶然セットされてた”フォクシー顔爆弾”を
うまく利用したオヤビンの大砲撃が”麦わらのルフィ”を襲って大爆発!!
なお選手が吹き飛んで死んでしまった場合
体の一部でもフィールドの外に出せば試合終了だよ!』
と司会が言うが

中の様子が見えないナミたちは
大爆発に心配する

ルフィは
「いやー危なかった…」

『ホントに危ない攻撃…!!?エェーーー!!』
と叫ぶ司会!

「何だうるせェな!」

『何と麦わらのルフィ!!生きているよー!!!
あの近距離からの大砲撃を回避していた!!何というスピード!
こ…これが億クラスの賞金首の実力なのか!!!』

『いや…だがしかし…すでにオヤビンの次なる攻撃は始まっている模様ー!!
煙幕と化した爆煙の中から不気味にあざ笑う
オヤビンの声が…!!敵に息をつく暇を与えない!!
一体どこから…!!何を仕掛けてくる気なのか”銀ギツネのフォクシー”!!
人影だーっ!!』

現れたのはボロボロのフォクシー…
「さーーてカクゴはいいか?」

「お前が吹き飛んでたのかよ!!」
「吹きとんでねェーー!!てめぇ生きてこのフィールドを
出られると思うなよ…

ページ:

1

2 3 4

 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る