【32巻:302話】最終楽章(フィナーレ)


【32巻:302話】最終楽章(フィナーレ) 

シャンドラの遺跡では
「何…?!島を飛び出していった?」
「ええ…礼も受け取って貰えなかった」
「何という事だ…我々にどれ程の感謝の気持ちがあると思っているのか…」
酋長はそういい座り込む

ガン・フォールは
「全く人の気も知らんで…」

そしてラキはアイサの髪を切りながら
「ずるいじゃないかアイサ…みんな大騒ぎだよ恩人に逃げられたって…
1人だけ別れを済ませるなんて」

「だってルフィ達が誰にも言うなって 青海にもあんな強い戦士がいるんだね!!
あたいもあんな風になりたいな!!体がぐーんとのびるの!!」

そう言うアイサに
「アイサ…今日は揃えるだけにしよう 髪伸ばしなさい…きっと似合うわ
女の子なんだからかわいくしなくちゃ!」

「かわいく?あたいがー?」

「あんた達はもう…武器なんて持たなくていいんだから…」

そう言うとアイサは笑いながら
「今日はラキおしとやかだ!」

そしてワイパーはカルガラの銅像の前に座り
「大戦士カルガラ…シャンディアの役目は果たされたそうだ…
あんたの願いも親友に届いたはずだ…
もう後の世代に血を流させる事はない…
戦いは終わったんだ…だが!!誇りは失わない…
だからまだこの先も見守っていてほしい…
シャンドラの灯はもう二度と絶やさないと誓う」

ページ:

1

2 3 4

 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る