物語(あらすじ)

【32巻:299話】幻想曲(ファンタジア)


【32巻:299話】幻想曲(ファンタジア)

空には大きな麦わら帽子をかぶった人間の影が
映し出されていた!!
「なァ小僧…”黄金郷”は…そこにあったのか…?ありがとうよ…!!」

「ウゥッ…!!」
「おやっさん?!」
「どうした?具合が悪ィのか?!」
突然座り込んだモンブラン
マシラとショウジョウは慌てて駆け寄るが…

「………」

「あいつら…無事でよかったぜ…
おれァ心配で…心配で…」
モンブランは涙を流していたのだ…

カラァァァン!!

黄金の鐘は海雲に落ちる…
ドボォォォン!!
そして
「見ろ!!あれは!」

上から落ちてきたのは
動力を失った方舟マクシム…
そこには…
「神だ!!!」
「沈む!!」
「神・エネルと…舟が沈む!!」
”鐘の音は去る都市の栄華を誇る「シャンドラの灯」
戦いの終焉を告ぐ「島の歌声」
400年のときを経て鳴る「約束の鐘」”

エンジェル島の当民や
シャンドラの村民達は
終わった悪夢に手を取り合い喜ぶ!

”浮寝の島の旅路は長くも
遠い記憶は忘れがたしかつて人は
その音に言葉を託した
遠い海まで届ける歌に誇り高い言葉を託した”

モンブラン・クリケットに出会い…
空島の地図を見て存在を信じたルフィ達…
モンブランはルフィ達を空島に導いた…

ルフィは島雲の上に寝そべり
「鳴った」
ナミも美しい音を聞き
「うん」
「聞えたかな おっさん達に」
「えぇ…きっと」

歓喜にわく島…

鐘の音に託された言葉は…

”おれ達は ここにいる”

1 2 3

↑おかげさまで、まずまずです。