【31巻:295話】巨大豆蔓


【31巻:295話】巨大豆蔓 

「んがーーー!!」
と方舟マクシムの縁をつかんだルフィ
「やった!!」
というが現れたエネルに手を蹴られる…
「ヤハハハ誰がこの舟に乗ることを許した」

ルフィは神の社の跡地の雲に落ちる

「ルフィ!!だから無茶だって言ったじゃない!!」
ナミが駆け寄る

「ヤハハハ…
どうだった?空から消える間抜けな島を見たか?
娘…今更また”限りない大地”へ連れてってほしいなどと
甘いことはいわんだろうな…」
そう言うエネルは更に

「私が欲するものさえ手に入れたら
あの”雷迎”により今度はこのスカイピアを丸ごと消してやる
もう逃げることなど誰にも許されない
お前達の真下に佇むいくつかの”声”も然り…
この空に不相応な”人の国”を消し去り
全てをあるべき姿に還すのだ!!それが神である私の務め!!」

そう高らかに言うエネルに
「お前の思い通りにさせるかァ!!」
と蔓を登るルフィだが
エネルに雷で落される…

そして
「ヤハハハ…さらばだゴムの男…もう二度と会う事もない!
そこで指をくわえて死期を待て!!もはや誰も私を止められん!」

そしてルフィはウェイバーに乗り込むが
また落ちてくる・・・

「畜生…!!おれは…!!おっさん達に教えてやるんだ!!
おれは鐘を鳴らすんだァーーー!!」

ページ:

1

2 3

 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る