【31巻:294話】雷迎


【31巻:294話】雷迎 

方舟マクシムに乗るエネル…
「さて…巨大豆蔓を越えた…
確かに”神の社”のその上空にまで何かを探しに来る者などいまい…
400年あれどな さてどこにある…」

と辺りを見回し黄金の鐘を探すエネル

そしてルフィはものすごい勢いで
金塊を引きずったまま
豆蔓を駆け上がってきて
雲を抜けると
そこは瓦礫だらけの場所だった

「ハァハァ…何だここはっ!!」

船から下を見下ろすエネル
「あいつか…あの重りをつけたままとは恐れ入る…」

「あ!!いたな!!そこで待ってろエネルー!!」
エネルに気がつき更に上に上ろうとするが

「くどい…」

バリバリっと
雷が巨大豆蔓に落ちる!

メキメキ…と音を立て
先が折れていく・・・

「わっ!!わっ!!あ!!!うわぁぁぁぁぁあぁ!!」

そして上層遺跡では
「ワイパー!!駄目だよ!!今登ったって!」
「空を飛んでるエネルには追いつけないよ!!」
アイサがワイパーを引き止めていると

「蔓から離れろ!!何か落ちてくる!!」
ウソップがそう言うとすぐ近くで
ドスゥン!!
と蔓の先端が落ちてきたのだ!

ページ:

1

2 3 4

 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る