【31巻:290話】シャンドラの灯


【31巻:290話】シャンドラの灯 

「チュラチュララララ」
一匹の小さなヘビが現れる

「ヘビだーーーっ!!」
「マムシだぞ!!」
「噛まれるな!!あっち行け!!」
皆が慌てる中ノーランドは
「こいつは…おいカルガラ…」
「驚いた…となると孫もいたのか…あのヘビの…」

2人は顔を見合わせ大笑いする!!

それを見ていた船員と村人達は
「何だかわかんねェあの2人は…」
「10日前は祭壇で殺し合いをしてたってのに…!!」
「今じゃあんなに仲良しだ」
「カルガラは村の連中ともなかなか馴れ合わんの男なのだが
よほど馬が合ったと見える…」
「あんな笑顔を見せるカルガラをおれは始めて見たよ!!」

そしてカルガラがノーランド達を連れて森の中にやってきた
「我々に見せたいものとは一体何だカルガラ」
「ついてくればわかる…おいお前達そっちは崖だぞここから下りるんだ」
「下りる?!」

カルガラについてやってきた入り口のような門の前で
カラァン…!!
あの美しい鐘の音が響いた!!
「おいカルガラ!!この美しい鐘の音は一体どこから聞こえてるんだ?!」

階段を下りた先には
ドォォォォォン!!!

ページ:

1

2 3 4

 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る