【31巻:289話】望月


【31巻:289話】望月 

「ウグ…!!ハァッ…ゲホ!!」
地割れから懸命に脱出しようともがくノーランドを
カルガラは笑いながら見ていた
「器用に地割れに飲まれたものだ
まさに”神業”それで生きている方がどうかしている…」

ノーランドは
”村を襲った”樹熱”はもはや治る病気だ…!
村に戻れば証明できるというのに…!!”

「もう夜は明けた…
この日が西の空に沈む夕暮れにはお前の100人の部下の命が
神々に捧げられる
お前が儀式をめちゃくちゃにしてくれたお陰でおれ達は神の怒りを買ったんだ!!
今のお前の醜態がそれを物語っている…
その地盤が神の力だどうする事もできまい」

そしてシャンディアの村では
「カルガラが森へ向かった神殺しの男さえ殺してくれれば…」
そして
「また戦士が1人死んだせめて戦いに死なせてやりたかった」
「骨壷はできたか?!何人も埋葬を待っているんだ…!」
「こんなにバタバタと人が死ぬんじゃ追いつかんよ」

そして船員の入っている囲いの前で
「お前達がこの村に来なきゃこんな事には…」
「さっきの地震の被害だけでも笑い事じゃ済まないんだぞ!!」
「お前等こそ悪霊だ!!今ここで殺してやる!!」
そして囲いに詰め寄る戦士達の前にセトが座る

「セト!!そこをどけ!!おれの妻は昨晩こいつ等のせいで…!!!」

「…俺たちの憧れるシャンドラの戦士達はもっと誇り高いはずだ!」

ページ:

1

2 3 4

 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る