【31巻:287話】神殺し


【31巻:287話】神殺し 

”偉大なる航路”を進む一隻の船

「大時化です!!提督ーーっ!!」
揺れる船の中
「…だろうな」

そうのん気に返事をするノーランド
船員達は
「ヤードアームがやられた!!メイン!!
ロープ持って来い!!」
そうバタバタしてるなかで

ノーランドは
「もうこの航海は2年以上続いてる…
過去2度の航海に比べたらまるで軌跡だ…」
日誌をつけながらそう言っていると

ノーランドは
「おいお前今何か聞こえたか?」
そう船員に聞くと
「え?なにかって…雷でしょうか?」

「いや…何か…美しい鐘の音のような…」

海円暦1122年5月21日
”偉大なる航路”ジャヤ
島の中の村では
「神官!!気を確かに…!!」
「お導きください…!!」

命からがらに神官と呼ばれる老人は
「1人…また1人 人が死に…作物も死に絶え大地に血は流れるばかり…
この地は呪われたのだ…このままではこの村は…シャンディアは全滅だ…」

ページ:

1

2 3 4

 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る