【30巻:285話】狂想曲(カプリッチオ)


【30巻:285話】狂想曲(カプリッチオ)

マクシムではエネルが船の中で
歯車のズレを探していた
「おのれ青海人…!そう簡単にこの舟は落せんぞ
私は舟の動力回路くらい熟知しているのだ
わが故郷ビルカでかき集めた絶滅種”噴風貝(ジェットダイアル)”
200個の風力があれば電力を失っても一時舟を浮かすことはできる」

そう言いズレた歯車を押し戻し
「貴様等ごときが何をしようとも!!
この国の終演の形が変わるわけではない!!」
アイサはピエールを引きずりながら
「待って!!ルフィそっちじゃないよ!!」
金塊の玉を転がしながら進むルフィに声を掛けるが
「そんな急には…」
と方向転換に失敗しガゴォォン!!
遺跡に突っ込む!
「あたいの故郷壊すなーっ!!」
巨大豆蔓を目指して進んでいた!!
そして遺跡に辿り着いたルフィは
「あれ?!ロビン達がいねェ!!ゾロもチョッパーも」
「ワイパーも神もだよ!!」

ページ:
1

2

3 4
banner


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る