【30巻:279話】海賊ルフィvs神・エネル


【30巻:279話】海賊ルフィvs神・エネル

更にマッキンリーは言う
「我々とて元々ガン・フォール様に使えた神隊の一員なのだ
神隊への裏切りを態しても神・エネルに従い
この島に残ることで人々を護衛する方法もあると信じた…
なるべく神の怒りを買わぬ様にせめて誰も彼に逆らわぬ様にと…」

そう言うマッキンリーは
情けなし…と噛み締めるが…

コニスはそれを見て
「そんな事ありませんよ!
…あなたの口からそんな言葉を聞けてよかった!!
ここを頼んでいいですか?」

そう言いコニスは
「逃げ方を知らない人たちがいるんです!友達だから戻らなくちゃ!」

それを聞きマッキンリーは
ルフィ達のことだと思いつくが
「ヘソ!!」
と送り出す

ページ:
1

2

3 4
banner


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る