【29巻:265話】海賊ロビンVS神兵長ヤマ


【29巻:265話】海賊ロビンVS神兵長ヤマ第265話「海賊ロビンVS神兵長ヤマ」

「・・・見事」
「ナミさん凄いです!!」

メリー号にはアイサの声を頼りに
やってきたコニスとパガヤがいた

パガヤが直してくれたウェイバーを
ナミは乗りこなしていた!

「段違いのスピードね!!」

ルフィ達が青海からもってきたウェイバーには
絶滅種である
”噴風貝(ジェットダイアル)”
が搭載していた!

「皆さんがご一緒なら
スカイピアの果てへご案内するつもりだったのですが」

「とにかく船は約束した海岸につけなきゃ」
といいあの4人がそろっていれば大丈夫だというと

「”4人組”なんて島にいないよ」
そうアイサが言う・・・

多くても2人組4人で動いていたらわかるという

「”心綱(マントラ)神や神官が使えるってやつね」
アイサは生まれつき使えるそうだ・・・

「だから怖いんだ・・・”声”が消えていく怖さがわかるもんか!!」
とアイサはなきながら言う

アイサはウェイバーか壊れ空魚におそわれているとこを
コニス達にたすけられたのだ
じっとしていられなかったと言うアイサはひざを抱え込み
みんなを心配していた・・・

その頃ルフィは
「いやーまいったなあーーーー」
お腹をすかせながら出口を探してあるいていた

ページ:

1

2 3

 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る