【28巻:264話】戦士カマキリvs神・エネル


【28巻:264話】戦士カマキリvs神・エネル

置き去りにされたナミは
「とりあえずこいつらの応急手当を・・・
生きてるんでしょうね二人とも・・!!」

と二人を引きずりながら中に向かおうとすると・・・

ボウンっ!!!!
と船の前方に一本のミルキーロードができた!!

パラリラパラリラ!!と音を響かせながら現れたのは
「あ!!へそ!!ナミさーーーん!!」

「コニス!!おじさん!!何でここにいるの?!!」
「ていうかラッパうるさい!!!」

「ちょっ・・・ダメです!降りてはダメです!!」
そうパガヤに止められているのはアイサだ

「誰?!その子」

アイサはナミに向かって
「青海人!!排除してやる!!あたいはシャンドラの戦士だ!!」

ナミは
「だから何なの私とやんの?!”衝撃(インパクト)”するわよ」

コニスはウソップとサンジを見てすぐに手当てを始める
パガヤは今来た進路に船を進めれば直接白々海に出れるという
「敵に見つかる前に!!」

ページ:
1

2

3 4
banner


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る