物語(あらすじ)

【27巻:254話】夜明曲(オーバード)


【27巻:254話】夜明曲(オーバード) 

皆が寝静まり静かな森の中
「何が一緒にだ・・・いくつだてめェは勝手に行って来い」

そういわれ一人用を足しに来たウソップは
コーーンコーーンコーーン

何の音だ?船には誰もいねェはずだけどな・・・
霧が深くてよく見えねェや・・・

と音がする船を目を凝らしてみていると・・・・
コーーンコーーンコーーン

「ニコッ・・・」
あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

ゾロは帰ってこないウソップを探しに来て
「何やってんだコイツ
小便しに行くっつってこんなトコで寝てやがる・・・」

その頃
「我輩が・・・ンンンンーン・・・」
「おい!喋りにくいだろ下唇を噛んだままだ」
「言ってるだろエネル様に呼び出されたのは
貴様がワイパーを逃がしたからだ!!」

そう言いあっている三人の男がいるのは
アッパーヤード
”神の社”

「”神”新刊たちがお着きに」
「扉を開けよ」
そう言い門を開けると外では
三人の男達が争っていた

シュラが
「コイツらが足を引っ張るせいで存分な力が発揮できん」
そう言うと

1 2 3

↑おかげさまで、まずまずです。