【26巻:237話】上空にて


【26巻:237話】上空にて 

息、息が・・・・・!!!

突き上げる海流”ノックアップストリーム”に
突き上げられた船の中
その勢いに息ができずにもがくルフィ達
勝負を挑もうとした
マーシャル・D・ティーチ率いる黒ひげ海賊団
獲物を取り逃がし不満に思うジーザスだが

「すぐにまたハチ会うさ!”グランドライン”にいる限りな!」
「強い望みの赴くままに・・・巡り合う歯車なのである」
とあっけからんと笑っていた

その頃ルフィ達は
「おい!みんな見てみろよ!!船の外っ!!」
そこに広がっていたのは
真っ白な世界、雲の上であった。

”空の海”といわれる”積帝雲”の上にたどり着いたが
”ログポース”はまだ上を指している

空の海と聞いてウソップが飛び込んだ!

なかなかあがってこないウソップ・・・

「ここには・・・海底があるのかしら」
ロビンの一言で皆が凍りつく

慌てて腕を伸ばすルフィ!!
見えない雲の中、”オッフスフルール”!
ロビンが目となりウソップを探す!!

雲を突き破り、落下しているウソップを見つけ
無事救出したが、
空の海に住む生き物が釣れてしまった!!

大きな蛸にゾロが切りかかる!
切った途端に風船の用に割れてしまった蛸

平たくなった魚

そしてノーランドの日誌にあった”奇妙な魚”こと
”空魚”が見つかる

それぞれ”空の海”に生き残るために
進化を遂げたのではと推測するなか

チョッパーは船を見つけ
何かによって破壊されたところを目撃してしまう!

慌てて皆に知らせようとするが
「船はもういなくて牛が四角く雲を走ってこっちにくるから・・・
大変だぁぁぁ!!!!!」

そして船に向かってくる人影を見つけた!

謎の人影は雲の上を走り
あっという間に船にたどり着いた

「排除する・・・」

サンジ、ゾロ、ルフィは瞬く間に
倒されてしまった。

そして船を消そうとする謎の人影!
なすすべが無いナミ達だが・・・

その時!

「そこまでだァ!!」
空よりもう一つの人影が現れた!!

「我輩、”空の騎士”!」

 


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る