【22巻:200話】”水ルフィ”


【22巻:200話】”水ルフィ” 

ビビはウソップやゾロ、仲間達と共に広場を狙う砲撃手
を探す。

「おそらく…
砲撃手はこの広場の近くにいるわ…!!」

なおもビビの命を取りに迫るバロックワークスの社員達
を秒殺し、散開した!

”これが本当に… 最後のリミット!!”
”この国の… 運命を決める10分!!”
一方、クロコダイルの元へと再び立つルフィ。

「お前が…? おれに勝つ気なのか…!!?」

「お前が七武海だから何だ…!!
だったらおれは”八武海”だ!!!」
そしてルフィの猛攻が始まる!
クロコダイルに一撃を食らわせ倒した隙に背中のタルを
投げつける!!

「水浸しになれっ!!!」

だが、クロコダイルは”砂嵐”を起こしてタルごと
ルフィを弾き飛ばした!

慌ててタルを取り戻すルフィ。

「その樽がなきゃあ 結局何もできねェってわけだ…」

認めるルフィ。
だが、「これならどうだ!!!」とそのタルの水を全て
ルフィは飲み干した!!

おなかをパンパンに膨らませ、「水ルフィ」の誕生だ!
そのルフィの行動に怒りを覚えるクロコダイルは
「フザケてんじゃねェぞ 小僧ォ!!!!」
と襲い掛かる!

そのクロコダイルに対してルフィは腹の水を吐き出し、
彼に浴びせかけた!!!

そしてルフィの強烈な一撃が直撃する!!

「ゴムゴムの…! バズーカ!!!!」


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る