【18巻:163話】”反乱軍の町ユバ”


【18巻:163話】”反乱軍の町ユバ” 

ようやく”ユバ”にたどり着いたルフィ達だが、その
”ユバ”は砂嵐に襲われていた!!
たどり着いたユバの町は、エルマルとさして変わらない
廃墟のような姿だった。

その町で一人、砂を掘る老人がいた。
町の男”トト”だった。

反乱軍のことを尋ねるビビだが、その言葉を聞いて
怒り出す老人。

「あのバカ共なら…
もうこの町にはいないぞ…!!」

かつてのオアシス”ユバ”は3年前からひんぱんに砂嵐
に襲われるようになったという。
少しずつ蝕まれ流通もなくなり、反乱軍は『カトレア』
に本拠地を移したのだ。

「どこだビビ
それ近いのか!!?」

その声に反応する”トト”。

「ビビちゃんなのか…!? そうなのかい!!?」

そう言ってビビに歩み寄った。

「トトおじさん…!?」

トトは目に涙を溜めて言った。

「私はね… ビビちゃん!!
国王様を信じてるよ…!!
あの人は決して国を裏切る様な人じゃない…!!」

ページ:

1

2

 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る