【18巻:162話】”砂の国の冒険”


【18巻:162話】”砂の国の冒険” 

反乱軍の本拠地”ユバ”へ向かう麦わらの一味。
何もない砂漠をただひたすら歩く。
暑さに弱いチョッパーはゾロに引かれながら。

水を飲み渇きを潤し、歩き続けるルフィたち。
次に岩場を見つけたら、そこで休憩しようと力を振り
絞る。
ジャンケンに負けて全員の荷物を引くルフィの眼前に
ようやく岩場が見える。

「休憩タイムだーーーーーっ!!」

猛烈な勢いでダッシュして岩場で荷物を下ろすルフィ。

そのルフィの目の前に、大ケガして死にそうな鳥の群れ
がいた。

驚いてチョッパーの元へ駆け戻るルフィ。
だが、その鳥は旅人をダマして荷物を盗む”ワルサギ”
だったのだ!
そんな鳥に水も食料も全て盗まれてしまった!!

ケンカをはじめるルフィとサンジ。
だが、ゾロは冷静だった。

「このことは忘れよう
10分休んだら出発だ」

そんな彼らの脇で、”ワルサギ”が彼らの水をゴクゴク
飲みながら歩いていた。

バカにして逃げる”ワルサギ”を追いかけるルフィ!

だが、すぐに猛烈な勢いで走り戻ってきた。
謎のラクダと共に走ってくるルフィの後ろには、巨大な
大トカゲ”サンドラ”が迫っていた!!

だが、ルフィとゾロ、サンジの攻撃であえなく倒される
サンドラ。

「サンジ こりゃ 食えるんじゃねェか?」

「ああ 食えそうだな」
一緒に走ってきたラクダの背には鞍がついていた。
ラクダの背にナミとビビを乗せ、砂漠の歩みを再開。

そしてその夜、ようやく”ユバ”に到着した!

だが、その町から聞こえてくるのは唸るような
地響き…。

「…!!
町の様子がおかしい…!!」

ビビが叫んだ。


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る