【18巻:160話】”スパイダーズカフェに8時”


【18巻:160話】”スパイダーズカフェに8時” 

ルフィの兄”エース”からもらった一枚の”紙きれ”を
麦わら帽子のリボンの裏に縫い付けてもらうルフィ。

彼らは反乱軍のリーダーがいる”ユバ”へと向かって
いた。
一方、クロコダイルは、ミス・オールサンデーに作戦の
状況を尋ねる。

”ビリオンズ”150名は『ナノハナ』ですでに待機。
そして、オフィサーエージェント達の集合は 今夜、
スパイダーズカフェに8時。
すでに5時をまわっている…。

そのスパイダーズカフェに、次々とエージェント達が
集まってきていた。

Mr.4とミス・メリークリスマス、オカマのMr.2を迎える
店主”ポーラ”。
それを隠れて覗き見るMr.3…。

そして8時ちょうどに、Mr.1が入ってきた。

彼は”不審な動き”をしていたと、Mr.2の部下をなぎ
倒してきたのだ。

それに怒りオカマ拳法でMr.1に攻撃するMr.2!
Mr.2の強烈な蹴りを受け、店の外に飛ばされるMr.1は
Mr.2に殺意を向ける!

だが、それを店の店主”ポーラ”が止める。

彼女は言った。

「今8時… 揃うべきエージェントは揃ったわ
そして指令状が一通届いてる…」

「これから夢の町『レインベース』へ向かうのよ
私達が今まで顔も知らずに”ボス”と呼んできた男が
…その町で待ってる」

そういう彼女は、Mr.1のパートナー
”ミス・ダブルフィンガー”だった。


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る