【18巻:157話】”エース登場”


【18巻:157話】”エース登場” 

アラバスタへ向かう麦わらの一味。
彼らの船の背後からサンディアイランド沿岸をナワバリ
とする海獣”海ネコ”襲い掛かってきた!

「4日ぶりのメシだァ!!!」

と目を血走らせるルフィとゾロに海ネコはたじたじ…。

「確実に仕留めろ!!!」

と叫ぶサンジ。

だが、「だめっ!」と彼らはビビに張り倒される。
アラバスタでは海ねこは神聖な生き物なのだ。

そんな船はアラバスタの気候海域に入る。
そして、背後にはバロックワークスの船が続々と集結
してくるのが見える…。

ルフィ達は全員、左腕に布を巻く。
謎の多い相手の中で仲間を見失わないための策だ!

「とにかくこれから何が起こっても
左腕のこれが 仲間の印だ」

そして、サンディアイランドへ上陸する!
港町『ナノハナ』
一軒の店の前に人だかりが出来ていた。
一人の男がカウンターで食事中に突然死したという。

”砂漠のイチゴ”を口にしたのではないか。
その男の姿を神妙に見つめる店内の客達だが、突然
その男が起き上がった!!

「ふう… いや〜 まいった…
寝てた」

そう言って、また食事をモグモグ食べ始める。

彼はルフィの手配書を取り出し、店主に尋ねる。
そんな彼の後ろから、海軍のスモーカー大佐が現れる。

「”白ひげ海賊団”の二番隊隊長が
この国に何の用だ
”ポートガス・D・エース”」

「弟をね 探してんだ」


 ↑おかげさまで、まずまずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

ページ上部へ戻る